×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

早漏 鍛える

★2週間で早漏を鍛えて克服する方法があります

早漏を鍛えるのには、
「コンドームを2枚重ねる」
「専用のスプレーなどを塗る」
「薬で直す」

などという方法が一般的ですが、どれも根本的な対策に
なっていませんし、そんな、薬やスプレーなどではなく、
一人で早漏を鍛えていく方法はないだろうか?
そんなふうに考えていませんか?

でも、最近はスパーキー佐藤氏の「早漏革命2010」で
自宅で射精をコントロールすることを修得し、セックスに自信を持ったり、
彼女がイクまで我慢できるようになった人もたくさんいるんですよ。


⇒ AV男優が自在に射精をコントロールしている方法とは!?


スパーキー佐藤氏が言うには、
射精のコントロールは経験で克服することができる後天的なものなので
だれでも早漏を鍛えて治すことができるそうです。

やり方も簡単で、自宅でDVD教材を学んで実践していくだけ。

教材には、電話サポートも付いていますし、もしも2週間教材を
実践しても5分持たないようだったら、全額返金の保証もついています。


⇒ AVの撮影現場で使われ続けている本物のテクニックをいますぐチェックする!


自分で出来る早漏を鍛える方法があります。1つには、PC筋という筋肉を鍛える早漏治療法があります。尿を止めるときに使う筋肉で、その筋肉を鍛えることで射精のタイミングを自分でコントロールできるようになり、早漏が改善されるというものです。排尿の際に何度か止めてみます。それを繰り返し行うことでPC筋が鍛えられます。2つ目は、セマンズ法と言われるもので、女性パートナーといっしょに行う早漏治療法です。パートナーに刺激してもらい、射精しそうになったらその刺激を止めてもらいます。射精したい感じがおさまるまで少し待ちます。射精したい感じがおさまったら、再度刺激してもらいます。3回繰り返し4回目で射精します。3つ目が、スクイーズ・テクニック法という早漏防止トレーニングです。セマンズ法を更に発展させたものです。セマンズ法と全く同じ流れで行いますが、刺激をやめただけでは射精を止められない重度の早漏の場合に用います。射精したい感じを押さえられないときは、男性器の包皮小帯という部分と、亀頭上部を強く圧迫して射精を止めます。早漏防止トレーニングは、PC筋を鍛える、セマンズ法、スクイーズ・テクニック法の順番でやってみましょう。軽い人の場合はPC筋を鍛えるだけでも十分効果があります。しかし、これらの方法は早漏で悩んでいる誰もが知っているトレーニング方法です。あなたもきっと試したことがあるはず。なのに早漏がいっこうに治らないという方は多いですよね。上記の方法で早漏を改善することができたというのはごく一部の方ではないでしょうか?早漏にはあらゆる原因があり、その改善策もあらゆる方法があります。まずは原因を知り、それに見合ったトレーニングで鍛えなくては早漏を治すことはとても難しいのです。こちらで紹介する方法はあらゆる視点で作られ、あらゆる原因から考えられた早漏を治す射精コントロール法です。まずは早漏の原因を知っていただき、それにあった早漏を解消する方法を教えています。自分に思い当たるものからやってもいいし、全てをやってもいいでしょう。そうすることで、より確実に早漏を改善することができるようになるんです